[第12回アルペンサークル]
2002年11月2日

今回はバスで数馬へ入る予定だったが、土田さんと小川さんから車で入るというので、直前になって車で入る事にした。朝7時過ぎに家を出発して、1時間で武蔵五日市の駅前に到着した。まだ集合時間までは十分時間が有るので、駅やバス停の様子を見に行く。車3台では19人は乗れないので2名はタクシーで行く事にする。

鮫島さんと曽原さんから遅れるとの連絡が入った。これでタクシーに乗る人が決まった。やがて、高羅さん、坂上さん、菅野さんと続々と集まってきた。驚いた事に宇尾さんが飛び入りで参加してくれた。集合時間の8時50分には17人揃い、車に分乗する。9時過ぎに3人到着したので、タクシーの運転手に行く先を説明して出発した。

数馬の手前の中尾平から左に入り、バンガローの先の空地に車を止める。次に、土田さんのパジェロを笛吹へ置きに行く。林道脇によい場所を見つけ駐車し、再び数馬へ皆の所へ戻る。



出発前のひと時。


簡単なコース説明をした後、土田さんを先頭に出発する。舗装道路を少し登ると右に小さなトイレが有る。さらに登ると舗装道路は民家の前で行き止まり、右に民家の横の登山道を登る。ここからしばらく急登が続き、深いトヨ状の道の登りになる。20人が一列に登って行く様子を後ろから見ると、なかなか壮観である。30分ほど歩いてから一休みする。風が無いせいか寒くはなく、汗ばむくらいのちょうど良い感じだ。



民家の脇から急登が始まる。




深いトヨ状の道の登り。


登るにつれて林が自然林に変わり、明るくなってゆく。時折左に浅間嶺が、右に三頭山に続く山々が望める。わずかに残った自然林が紅葉しているが、鮮やかさは無い。気持ちの良い尾根を落ち葉をふみしめながらゆっくり登る。やがて前方の斜面を巻くように右に行くようになると西原峠は近い。



明るい自然林の中の登り。




西原峠に到着。


西原峠から一投足で槙寄山に到着する。ちょうどお昼時なので、頂上は賑わっていた。うまいことにベンチが空いたので、ザックを下ろしてお湯を沸かす。残念ながら期待した富士山は雲の中に隠れてしまっているが、視界が開けた気持ちの良い頂上だ。



槙寄山の山頂にて。





楽しいお昼のひと時。





楽しいお昼のひと時。



恒例の土田さんの八海山がふるまわれ、鮫島さんがかつぎ上げてくれたワインの栓が明けられた。宇尾さんからもワインが提供され、3本も空けてしまった。少し飲みすぎたかも。ちょっと寒いのでコーヒーのつもりで沸かしたお湯はみそ汁に変え、皆で分けて飲んだ。なかなか評判が良かった。みそ汁を分けた後、再びコーヒー用のお湯を沸かす。慣れたもので、20人分のコーヒーをあっと言う間に作ってしまった。



槙寄山の山頂で記念撮影。



頂上で1時間ほどくつろいだ後下山を開始する。まず西原峠へ下り、笹尾根を笛吹峠へ向けて進む。初めは軽い登りだが、ほぼ平坦な明るい尾根が続く。尾根の右の山梨側からは桧の植林がせまっているが、登山道は明るい自然林の中を歩くようにできていて気持ち良く歩ける。

笹尾根と言う割には笹が少ないように思うが、所々笹の中を歩く所もある。やがて尾根を下るようになり、笛吹峠に降り立つ。峠には「大日」と彫られた小さな石碑があり、ここで一休みする。



笹尾根の笹を歩く。




笛吹峠に到着。



笛吹峠は五差路になっていて、前方には丸山へ登る尾根通しの道の左右に山腹を巻く道がついている。あまり踏まれていないようだが左の道を行くことにする。しばらくトラバースが続き、右手から丸山からの道を合わせる。そこから尾根の下りになる。あまり急な下りは無く快適だが、樹林の中は暗い。途中道は左右に分かれるのでここは右のよく踏まれた方を下る。



笛吹へ向けて下る。


すぐに民家の脇に出て、林道歩きが始まる。土田さんのパジェロとうまく遭遇できるか不安が有ったが、すぐ下に発見することができた。パジェロに5人乗って車を取りに戻る。再び笛吹入口のバス停に全員集まり武蔵五日市の魚鶴を目指す。車に乗り切れない3人はバスで向かってもらう。私の車は人里のコンニャク屋さんに寄り、魚鶴を目指す。

20人全員、無事に魚鶴に集合し懇親会が始まった。今日は久々に坂上さんが来てくれたのでお店のサービスも良かったような気がする。いつもながらの素朴で美味しい料理にお酒も進み、楽しい時間が進みやがてお開きになった。



魚鶴での懇親会。




魚鶴での懇親会。




魚鶴での懇親会。




魚鶴での懇親会。


参加者(敬称略)
 1.高羅 駿治(1期)
 2.坂上 弘 (3期)
 3.郷道 博宣(6期)
 4.小川 哲夫(7期)
 5.小川 柊子
 6.宇尾 誠一(11期)
 7.渡辺 貞 (12期)
 8.鵜飼 恵 (13期)
 9.伊賀 千栄子
10.比地原正明(17期)
11.比地原正子
12.土田 晃道(18期)
13.星野 令子
14.曽原 実 (23期)
15.曽原美佐子
16.鮫島 員義(24期)
17.二宮 伸方(24期)
18.二宮 功子
19.宮地 利雄(29期)
20.菅野 妙子(MBI)
報告者 比地原 正明





菅野さんから

高羅さんはじめ、アルペンハイキングにご参加の皆さん、お疲れ様でした。

いつもながら、比地原さんの周到なアレンジ、山頂でのコーヒーや味噌汁には感謝、感謝です。あの味噌汁は特においしかったですね。比地原さんに聞いたら一番安い味噌汁だったそうですが、味の良し悪しは値段では決められないことが分かりました。寒さの中での熱い味噌汁の味は忘れがたいものです。

天候も我々の味方でしたね。朝から雲ひとつない快晴(今までのハイキングで朝から快晴に恵まれたのは初めてか?)で、山を降りる頃から雲がでてきて、下山したときには雨がポツリポツリ、五日市への帰途は結構の降りになりましたが、魚鶴を出て、帰るときには雨もあがり、傘は使わないですみました。

今回のコースはあまり急な登り下りがなかったのと、落ち葉を踏みしめての歩きは落ち葉がクッションになり足にあまり負担がなく、今までの中では楽なほうでした。それでも、翌日には筋肉痛が出て結構大変でしたが。

今回の山で難読な地名が二箇所ありました。
「人里」「笛吹」

皆さん、これをどう読むかご存知ですか?
「ヒトザト」「フエフキ」でないのは勿論です。

それぞれ
「ヘンボリ」「ウズシキ」
と読むそうです。
どうしてこのような読みななったのか、ご存知の方、教えてください。

魚鶴での懇親会は我々が場所を借り切ってしまい、思う存分大きな声で語り合うことができました。(ここの壁には「中年の女性の団体のみなさん、回りの迷惑になりますので大きな声ではしゃべらないでください」というような注意書きが貼ってあるので、男性諸君はこれを見てニヤリ。)

比地原さん、そして車を出してくださった小川さん、土田さんに感謝いたします。




鮫島です。

比地原さん、いつもの事ながら、皆が最後まで楽しめるコースの選定と後のアレンジに感謝いたします。

最後は五日市で列車に乗るためと、拝島で急遽乗換をしたために皆様にロクスッポご挨拶もせぬままのお別れになってしまいました。飲んだ後の魚鶴から武蔵五日市までの郷道さんとのダッシュはかなり効きました。

ここの所お天気には振られっぱなしでしたのに、同行メンバーの良さなんでしょう、如何にも秋のハイキング!の爽やかさでしたね。(山頂で富士山が顔を見せてくれませんでしたが、今日の夕方犬と散歩の道すがら綺麗なシルエットを見せてくれましたので良しとしたいと思います。)

風の音も春や夏と違い乾いた音ですし、枯葉をガサゴソと踏みながらの感触はやはり秋の山ならですよね。黄葉が陽の光にキラキラ輝くのを見ただけで来た甲斐があった!と思えました。

出だし電車に遅れまして申し訳ありませんでした。「今日は皆さんに合流は無理かな?」と諦め掛けていましたのに、待って頂きありがとうございました。お陰様で猟師と兼業の話し好きのタクシーの運転手でしたので、曽原ご夫妻と色々耳学問をさせてもらいました。

アルペンのページへ  トップページへ