[第30回アルペンサークル]
2008年11月8日

第30回アルペンサークルは奥多摩の「浅間嶺」でのハイキングの予定でしたが、生憎の雨のため三頭山山麓のハイキングに変更になりました。小雨の中、三頭大滝の東屋で30回記念の懇親会で盛り上がりました。ハイキングの後はいつもの「魚鶴」で懇親会をしました。ハイキングの参加者は下記の通り15名でしたが、懇親会には渡辺さんご夫妻が駆けつけてくれました。

 1.貴志 禎之(5期)
 2.貴志 美代子
 3.小川 哲夫(7期)
 4.小川 柊子
 5.長谷 正道(8期)
 6.比地原正明(17期)
 7.比地原正子
 8.土田 晃道(18期)
 9.星野 令子
10.服部 昭 (21期)
11.服部 裕子
12.曽原美佐子(23期)
13.鮫島 員義(24期)
14.鮫島 厚子
15.宮地 利雄(29期)
16.渡辺 貞 (12期)懇親会のみ
17.渡辺満里子     懇親会のみ


武蔵五日市駅に集合するとしだいに雨足が強まり、急遽目的地を浅間嶺から三頭大滝に変更しました。都民の森まで車で行き、雨具を着て三頭大滝へ向けて歩きました。紅葉の林は霧につつまれ幻想的な感じです。

三頭大滝に着くと、お昼まで時間があるので上流の沢へと、三頭大滝へと散策をしました。三頭大滝の東屋で、皆さんから寄せられたごちそうを囲んでMBIアルペン30回を記念してビールで乾杯。土田さん寄贈の伊那の酒を味わい、楽しいおしゃべりのひと時を過ごしました。

いつの間にか雨は止み、懇親会の後は「三頭沢と野鳥の森コース」を歩くことにしました。野鳥観察小屋でしばらく野鳥を待ちながら時間を過ごし、「かおりの道」で森林館を目指します。


ハイキングの後は武蔵五日市の魚鶴で恒例の懇親会をして帰宅しました。



紅葉の都民の森を出発







三頭大滝の東屋に到着




沢の上部へ登る




沢の上部で




紅葉の三頭大滝




三頭大滝の吊橋にて







東屋での懇親会










「三頭沢と野鳥の森コース」を歩く













野鳥観察小屋に到着


報告者 比地原 正明
アルペンのページへ  トップページへ