MBI Alpen MBI Event Home
[第56回アルペンサークル] 2017年6月17日

 第56回アルペンサークルは奥武蔵の「黒山三滝・高山不動」で実施されました。JR八高線と東武越生線の越生駅に集合し、駅からバスで黒山まで入ります。黒山でバスを降りて強い日差しの中、車道を黒山三滝目指して関東ふれあいの道を歩きます。まず最初の滝は暗い苔むした岩の間を落ちる天狗滝です。さらに行くと土産物屋があり、その先に雄滝、雌滝の二段の滝があります。これらの三つの滝が黒山三滝です。

 舗装された道は黒山三滝で終わり、東屋裏手の急峻な山道を登ります。さらに藪を分けて登ってゆくと上の林道に出ます。再び舗装道路を歩き左手の沢沿いの山道に入ると杉林の道になり涼風が元気をくれました。どんどん高度を上げてゆくとまぶしい新緑の登りになり再び車道に出て、花立松峠に到着します。花立松峠から右の尾根道に入ると関八州見晴台への急登が始まります。小さなピークをいくつか越えて尾根が緩やかになるとやっと関八州見晴台に到着しました。

 先行していた大東さんは待ちくたびれたのか下山してしまいましたが、残りのメンバーでここで昼食にしました。今日は遠望は利きませんが、目の前に広がる奥武蔵の山々の右に削られて痛々しい武甲山が眺められました。関八州展望台には高山不動の奥の院があり、尾根を下ってゆくと高山不動に下れます。

 車道を2回横切って高山不動に降り立つとトイレがあり、広い東屋があります。ここで休憩して高山不動にお参りしました。「関東三大不動」がどこかという話題になりましたが、成田山新勝寺と高幡山金剛寺の二不動が定説で、あとの一つは諸説あり、その一つが高山不動だという宮地さんの意見が正しいようです。

 高山不動から西吾野駅を目指して歩きやすい道を下ってゆきます。西武鉄道の電車の音が聞こえるようになると間野登山口に到着します。ここから車道を歩いて西吾野駅に到着してやっと大東さんと合流できました。我々が先に降りたと勘違いして急いで下ったのでずいぶん待たせてしまいました。

 西武鉄道で東飯能駅まで行き、付近のお店で懇親会になりました。予想外に歩きごたえのあったコースと素晴らしい天気に満足して美味しいお酒で時を忘れて過ごしました。

参加者は下記の通り14名でした。

 1.貴志 禎之(5期)
 2.貴志美代子
 3.小川 哲夫(7期)
 4.小川 柊子
 5.風間源一郎(9期)
 6.宇尾 誠一(11期)
 7.渡辺 貞 (12期)
 8.比地原正明(17期)
 9.比地原正子
10.土田 晃道(18期)
11.平松 信実(23期)
12.大東 敏治(24期)
13.片柳 雄三(27期)
14.宮地 利雄(29期)




関東ふれあいの道を黒山三滝へ向けて歩く



黒山三滝に到着



上下二段の雄滝と雌滝



東屋の裏から急登が始まる



上の林道に到着して一安心



杉林の山道を登る



まぶしい新緑の中を登る



花立松峠からの急登



もうひと息で関八州展望台



関八州展望台・高山不動奥の院に到着



奥武蔵の山々



やまを眺めながらの昼食は格別



待ちに待った昼食のひと時



登りがいのあった関八州見晴台に勢ぞろい



高山不動へ向けて下山



話が弾む懇親会



父の日でビールは半額


報告と写真 比地原 正明


MBI Alpen MBI Event Home