[ MBI関西イベント報告: 備前焼陶芸に親しむ会 ]
(2006/07/16)



日時:2007年6月17日(日)
講師:(陶芸家)渡辺節夫 先生
助手:(陶芸家)渡辺敦 先生 (渡辺節夫先生のご子息)
参加者:菅野(MBI)
    成田(2)
    井上夫妻(7)
    葛野夫妻(8)
    長谷(8)
    大倉夫妻(13)
    加島(13)
    川勝夫妻(14)
    谷(17)
    梅本愛子(17)渡辺先生友人
    須田和子(17)
    伴野(27)
    吉野(28)
    合計17名 


MBI関西では2007年6月17日大阪リーガロイヤルホテルにおいて、日本文化備前焼陶芸に親しむ会を開催致しました。参加17名プラス先生2名で19名でした。特筆すべきは7名の女性参加です。(41%)午前中は備前陶芸家の渡辺先生の陶芸に関する講演、特に中国青磁と日本陶器の共通点や中国文化そして陶芸の心についてお話がありました。講演の後、ホテルの皇家龍鳳で中華を堪能し、懇親会では川勝会長のユーモア溢れる挨拶を皮切りに、陶器作りの話で盛り上がりました。

午後は実際に轆轤を回して陶芸作品つくりに皆で挑戦しました。エプロン姿の皆さんはゴーストのデミームーアとまでは行きませんが集中度はデミーばりではありました。撮影担当もすっかり仕事を忘れて作品つくりに熱中でした。(おかげで轆轤体験教室のエプロン姿のスナップ写真は今回ありません) MBI卒業生らしく最初から高さ30センチもある大物に挑戦される生徒が多かったです。作品はネームを入れて8月には焼きあがる予定。

今回はMBI卒業の加島さんが経営されている大阪リーガロイヤルホテルを特別に使わせて戴きました。ホテルは文化教室も含めて癒しのある空間であったことを感謝と共に報告させて戴きます。



<写真集&コメント>


渡辺先生の作品1(講演会場後方の展示コーナー)




渡辺先生の作品2(講演会場後方の展示コーナー)




渡辺先生の作品3(講演会場後方の展示コーナー)




講演で登場した中国青磁など




総合司会の谷さんより、まずは本日の全体説明




関西MBI・川勝会長より開会の挨拶




陶芸の魅力について語る渡辺先生




中国青磁の現状を語る渡辺先生




昼食懇親会(中華料理・皇家龍鳳)での集合写真1




昼食懇親会(中華料理・皇家龍鳳)での集合写真2




報告者 谷 (17期)
HP編集 伴野(27期)



[マル知ネット・トップページ] [関西イベント・トップページ]