MBI Others MBI Event Home

2015
A HAPPY NEW YEAR !

新年のメッセージ


富士山煌めき:何故かこの時、富士山が煌めいてくれた(大観山付近で)


芦ノ湖畔からの富士山


箱根駒ヶ岳山頂の神社からの富士山

[写真撮影(2014年 12月27日 ):高橋 滋 さん(28期)]



〈MBI同窓会会長挨拶〉
伍香 秀明 (26期)

皆様 新年あけましておめでとうございます。

昨年も世界や日本各地で政治、経済、文化、スポーツなどいろいろな分野で多くの記憶に残る出来事が起こり、喜びや悲しみを誘ったのはまだ記憶に新しいことと思います。

MBI同窓会においてもスペシャル・インタレスト・グループ (SIG) やMBI関西では例年通り各種の活動が展開されました。
また、昨年の9月18日にはオフィシャルイベントを開催しました。東京大学名誉教授の山内昌之先生をお招きし、「歴史にみるリーダーシップ」と題して、昭和天皇実録の発表を契機とした、昭和天皇の戦前の行動に対する新しい肯定的な歴史的評価について講演していただきました。50名ほどの出席の方々にも知的な関心をもたらされたと思います。

さて、MBI同窓会では今年度は下記のように「MBIファミリーデー」を計画しています。

1.日時は10月3日(土)午後、場所は東京大学本郷キャンパスです。

2.メインイベントは「宇宙への誘い」として、宇宙に対する最新の知見をもとにした講演と最先端のヴィジュアルシステムを駆使した「4次元デジタルビューワー」を使って、宇宙の旅を体験していただきます。皆様の宇宙イメージが一変されるのではないかと思います。テーマ的にもお孫さんなど若い方のご参加もぜひお勧めしたいです。

3.オプショナルプログラムでは本郷キャンパスツアーを行います。

4.最後に懇親会となりますが、ジャズバンドの演奏やすばらしい料理で皆様に楽しんでいただける雰囲気にしたいと思います。ワインもMBI関西の"ワイン通"の方々にご協力いただき、美味しいものを用意します。会場のホールは広く、絶好の機会ですから、今年の同期会も併せて開かれてはいかがでしょうか。また、関西など関東以外からのご参加も歓迎いたします。

5.会費は一律3千円の予定ですが、テーマの性格を考慮して、高校生以下の方は無料とします。ご家族での参加を期待しています。

以上ですが、今年も皆様にとってより良い年でありますようお祈り申し上げます。
(以下の写真は、ファミリーデーに備え、ファミリーデー実行委員会メンバーと国立天文台見学に行ったときのものです。)


国立天文台見学(2014年12月23日)



〈関西MBI同窓会支部会長挨拶〉
飯村 六合夫 (9期)

2015年の新年を迎え、皆さまのご健勝とご健康をお祈り申し上げます。

年の初めには、私も例外でなく、何かしらの抱負を持ちますが、高い目標をもてる年齢をこえつつあるようです。ささやかなものにしています。それでも一年間その想いを維持し続けることは中々難しいものです。一つは年齢に負けない健康を維持することです。フィットネスクラブで、はつかねずみよろしく走り、歩き、そしてストレッチに励んでおります。月間、2マラソン距離(42.195 km x 2 ≒ 85 km)を走ることを目標にしております。
二つ目は、社会的LOQを求めて「NPO法でいうNPO活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動(俗にいう中間支援活動)」NPO法人の一人としてONE for ALLの実践を継続していきたいもの、と思っております。
以上、頭脳の老化と硬化防止のために自らに課すものです。

東日本大震災は自然災害に加えての人災的なものでしたが、昨年は人の驕りを叱声するかのような荒ぶる自然の叱声を受けた年のようです。一方、大義なき選挙とかにおいて信任されたとか、のわけのわからない政治は、日本を、子孫の時代をどう導いてくれるのでしょうか? 地方分権を進めるには国家的な力が必要でしょうが、地方議員においては党派・会派のない議会をつくれないものでしょうか! 党派を離れた地域を良くするという、欧米的コンセプトを日本では考えられないものでしょうか? 地方での会派的発言は住民不在で寂しいものです。

10月の東京でのファミリーイベントへの多数参加を願っております。次の関西イベントへの体制づくりも肝心と思いつつ、ワインに、史跡ハイクに、花見に、BBQとにうつつを抜かし楽しみながら、MBI関西を盛り上げて行きたいと思っております。会員諸氏の多数参加を期待しつつお節とお屠蘇を楽しんでおります。


昨年10月のMBI関西ハイキング:美しくなった宇治平等院にて


高羅 駿冶(1期)
情報も人の動きも国境がなくなった世界の中で、「イスラム国」「エボラ出血熱」そして「膨張する中国」と、課題の多い日本です。それでも日本は相対的に恵まれた環境の中にあり、そこに生きている幸せを改めて感謝しております。

今年も、5年後にオリンピック開催を進めている日本の益々の発展を信じております。そして、種々の分野で活躍を続けているMBI−OBの諸兄に一層の幸せを祈っております。


川内 清隆(4期)
新年あけましておめでとうございます。MBI活動にはより一層積極的に参加して行きたく思っています。

今年は二つの楽しみがありますのでお知らせしたいと思います。
一つは油絵個展と仲間展(3月29日〜4月26日、会場:十条のカフェスペース101)で、二つ目は4月1日に「昭和の贈り物」(単行本160 ページ、文芸社)が出版されることです。
この本は経済産業調査会で三年間に亘って連載していた小説を一冊にまとめたものです。
敗戦の瓦礫を裸足で歩き、三度の食にもこと欠いていた少年が、周りの人たちのほんのりとした温もりのある昭和の中で、貧しさに心が折れることも無く、夢を追い求めていった人生の歩みが描かれています。特に窮乏を極める中、心優しく凛とした美しさを保っていた母の影響力は大きく、少年のすべてのエネルギーの源でした。そして社会人となった主人公は、「平和こそが、豊かさを生み出してくれるものなのだな・・・」と今となって気づくのです。


古川庭園にて


桑原 節雄(4期)
明けましておめでとうございます。 
昨年は、関西でのいろいろなイベントに参加させて頂き、親しく接して頂いたこと感謝しています。また多くの方に宇治にお越し頂きましたこと宇治市民として喜んでます。

私は、昨年1カ月北イタリアに旅しましたが、円安には参りました。安上がりの旅も難しくなってきました。
昔の時代の私にとっては、アベノミクスは理解を越えてます。
 インフレが景気を良くする。金融緩和が企業活動を刺激する。
 円安が経済を救う――――。

何かのショックで不測の事態に追い込まれないこと祈るばかりです。

皆さんのご多幸を祈ります。今年もよろしく。


渡辺 誠一(5期)
新年明けましておめでとうございます。
昨年訪れた中で、紀州の広川町の、「稲むらの火の館」と隣の「防災教育センター」及び「濱中悟陵記念館」が印象に残りました。第一波の津波に逃げ遅れた人たちに、稲むらに火を放って暗い中を誘導し、多くの命を救っただけでなく、被災後、堤防作りに私財を投じ、復興を援けた、明治時代のヤマサ醤油のオーナーで、政界にも招聘された、濱口梧陵さんの事績と住まい、史料の展示、防災教育実践ツールに、訴えかけるものがありました。
私の取り組んでいるセンサーネットワークは、地震の予知や災害防止に役立つことを目指していいますが、たくさんある社会の課題に、力不足、戦力不足の中でも、力を尽くして闘っていくことの大切さを、改めて感じさせられました。

本年が皆様にとりまして、実り多い好き年となりますよう祈念しております。


小川 哲夫(7期)
新年明けましておめでとうございます。

毎年同じような事をしながら1年を過ごしています。今年は何か新しい事にチャレンジして見たいと思っていますが、そのためには何かを捨てる必要があり、大げさですが、日本経済をより付加価値の高い構造へ転換させるのと同様の難しさを感じています。昨年冬にはイタリア・ドロミテでスキーを楽しみ、夏には北海道大雪山で高山植物の花々を観賞し、数年続けている南アルプス登山の対象としては鳳凰三山縦走を選びました。今年もゴルフ、テニスを含めてスポーツを楽しむ1年を過ごしたいと願っています。このところジム通いの頻度が落ちており、体重が増加気味なのを気にしています。

消費税増税の一部先送りは仕方がなかったとしても、自分自身の2人の息子、4人の孫の顔を思い浮かべると、将来世代に重い負担を押し付けるわけには行かないとの思いを強くします。年金を受給し、満百歳の義母を自宅で介護し、保育や介護を業とする社会福祉法人のアドバイザー役を務める立場にいると、日本の社会福祉の実情が良く分かります。長年、経済・金融の分析に携って来た中で得た知識を合わせて考えると、経済の活性化を図るのは当然として、行政の関与方法並びに福祉予算配分の思い切った見直しと、負担能力のある高齢者に更なる負担を求める施策を早急に講じる必要性を感じています。

MBIお花見は4月4日(土)に東京小金井市の拙宅で行う予定です。参加ご希望の方は予定に入れておいてください。ご家族ご一緒に多くの方々が参加されることを期待しております。

昨年私が撮影した春夏秋冬の写真をご覧下さい。


1月:冬のドロミテ山塊(イタリア)


4月:カイドウの花(我が家の庭)


7月:タカネビランジの花(南アルプス・観音岳)


10月:秋の八ヶ岳・硫黄岳(三井の森フォレストC.C.)



★宇尾 誠一(11期)
大学卒業50年、結婚45周年の年末を家内共々元気に迎えています。

参与員の仕事も今年末までで、11年近く続いた東京家庭裁判所のお手伝いも終了します。    今後も同期会、私的勉強会、ワインの会、東京少年友の会、ゴルフ等の付合いは続きます。
『身近なくらしの中の法律家』の司法書士は、地元に密着した地道な活動をしています。不動産登記は勿論、今後なお重要性を増す成年後見など巾広い分野で活躍しています。日本司法書士会連合会(日司連)の外部理事として、活動を見守っています。

6月下旬からバンクーバー・ウィスラー・ビクトリアを末娘一家と旅行、その後シアトルに滞在し、合計2週間の旅。秋には南カリフォルニアで2週間近くのゴルフ合宿。卒業と入社50周年記念旅行(大井川鉄道・伊勢神宮)にも、それぞれ家内と共に参加しました。
The best is yet to come.を信じ、スコァ・アップの努力を続けています。ハンディキャップは「1」だけ改善、なお一層の進歩をめざし、体力維持と練習を続けています。


★渡辺 貞(12期)
みなさま、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は、年末に突然の総選挙。各党に多少の増減はあったものの、結局、内閣も含めて殆ど選挙前と変わらず。選挙費用はおよそ630億円とか。未だになんの為の選挙だったのかと疑問です。選挙費用を経済対策に使っていれば、景気もちょっぴり良くなっていたでしょう。
少子高齢化、原発などのエネルギー問題、防災を含む環境問題、農業を含む食料問題など、長期的観点で進めなければならない問題が山積しています。我が国がこれからも安全で暮らし良い社会であり続けるには、根底には、近隣諸国はもとより、国際社会で他国と平和で友好な関係を築いていくことが必須です。政治には、長期的視点で政策を立て、実行していくことを切に願っています。

私自身は、退職して1年余。昨年は、八ヶ岳山麓での高原野菜作りに加えて、退職後にやりたいと思っていたことを実行した年でした。3月には念願の本場アルプスでのスキー、11月には熊野古道歩き、山奥の野天風呂巡りなどです。


八ヶ岳本沢温泉


新潟県蓮華温泉

このようなことが出来るのも、大きな病気もせずに来られたからと、我が身に感謝している次第です。今年も健康に留意して、やりたいことに挑戦しようと思っています。
みなさまも、健康第一。お身体お大事にお過ごしください。


加島 敏幸(13期)
お茶を求めて上海へ

新年あけましておめでとうございます。
昨年12月、今まで勉強していた中国語の習得度のチェックを兼ねて、上海にキームン紅茶(中国語では祁門紅茶)を求めに出かけました。紅茶好きな方ならご存知のように、世界三大紅茶の一つで(他はダージリン、ウバ)、イギリスの女王陛下の誕生日に贈られ女王陛下がよく飲まれている紅茶です。最近中国で紅茶ブームが起き、良い品物が中国国内にとどまり、日本でも入手困難になっているということで、紅茶教室に通う家内よりの命令一下、渡航前の集中講義を受けて行ってきました。
日本より少し寒かったですが、お茶好きで20年以上にわたり上海で中国茶を毎年仕入れてきた友人の助けを受け、お蔭で大変品質の良いキームン紅茶を購入することが出来ました。私にとっては20年ぶりの上海でしたが、建物が増えて風景が大きく変わったのは当然として、色々な店の店員のサービスが改善してきているなと実感しました。信号無視は相変わらずで、現地での中国人観光客のマナーもまだまだですが、豊かになるというのはこうした生活の仕方にも影響を与えているようです。
今年もよろしくお願いいたします。


上海のお茶の専門卸店にて;右端が筆者、左端が店主


増淵 一裕(13期)
新年おめでとうございます。

お蔭様で元気にとうとう後期高齢者の仲間入りをしました。
健康維持のため、ウォーキング・ハイキング三昧の日々を送っています。毎週最低2日は区のスポーツセンターで高齢者を対象にした筋トレ・エアロビ教室に通っており、先生が驚く程に足腰だけは凄い事になってます。また、横浜市でウォーキングのリーダーとして高齢者をハイキングに引率したりもしています。コースを選ぶのが大変で、一応下見はして安全を確認はしています。横浜市のリーダー講習会も受けています。これが健康維持の大切な事かなと思って続けて行こうと考えてます。そこで知り合った方々との交流も大事にしています。

昨年お知らせいただいた「MBIクロスロード・アーカイブ」を時々拝見し、こんな時代もあったのだなあと感慨に耽ってます。
今年も元気で過ごしたいと思っております。


相鉄線の「いずみ中央駅」から「湘南台駅」までを綺麗な水の流れる道を歩いた時のもの


大倉 恒雄(13期)
MBI同窓生の皆さま、明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。

今年の抱負は、「夫婦揃って、出来るだけ多く外出することを心がける」ことです。といっても昔のように「旅行に行きまくる」といったものではなく、言葉の通り、まさに「ドアを開けて、外に出る」という誠にささやかなものです。去年は5月と8月に合計100日余にわたる入院を体験し、退院に際して担当医から「無理な外出を控えるように」との指示もあって、今も“在宅治療”の毎日です。そのようなことから、今年はこの抱負を選んだ次第です。
しかし、「外出」を増やすにも、それなりにモチベーションを高める仕掛けというか、小道具が必要だと考えました。そこで思いついたのが、少し性能の高いデジカメの購入です。その動機となったのが、MBIの「新年の抱負」に添付する写真の問題でした。本来なら多くのメンバーの方々のように“新年に相応しい”時期と場所を選んで撮影に出かけるくらいの意気込みで取り組むべきなのでしょうが、昨年は、11月に撮影した“季節外れ”な京都鴨川の紅葉を背景にした写真を添えさせていただきました。今年は、思い立ったのが遅かったこともあって、いろいろ探したのですが、結果としては、新春ではなく春爛漫の京都「哲学の道」に落ち着きました
近頃では家内も新しいカメラに興味を持ち始め、ちょっと近くに出かけるにもカメラ持参となってきました。来年こそは“乞うご期待”です。


春爛漫の京都「哲学の道」にて(H26年4月8日撮影)


川勝 一明(14期)
明けましておめでとうございます。

「羊」は「祥」の旧字。おめでたい年。
皆様のご健康とご活躍を祈るとともに、家族・友人、MBI仲間を中心に交流の輪を大切に守っていきたいと思います。

仕事では、3年前に創めた事業承継をテーマとする経営コンサルタントの業礎が固まり、今年は5年後、2020年(オリンピック・イヤー)を見据えた若手経営幹部育成に注力していく方針です。また、東南アジア・環太平洋経済圏へ乗り出していく会社のお手伝いも行っていくつもりです。

趣味の分野では、沖縄・慶良間諸島をベースに海と魚の水中写真撮影が楽しみなスクーバダイビングで、今年は潜水50本達成を目指すほか、ボランティア活動での南京玉すだれ芸を磨き、昨春より習い始めた書画(書道と水墨画)で春秋の作品展出品を目指し、お稽古を積んでいきます。

一方で、MBI関西ワイン同好会で山内さん・吉野さんの良きご指南を得て、昨年同様、夫婦で国内ワイナリー巡りを行うほか、今年はフランスかアメリカ・ナパバレーを訪れたいと思っています。

10月には東京でのMBIファミリーイベントに家族揃って参加し、皆様と再会するのを楽しみにしています。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。


スクーバダイビング





南京玉すだれ


ワイナリー巡り(甲府勝沼郷)


水墨画デビュー作品(蘭)


水墨画デビュー作品(菊)


★三輪 博(16期)
新年あけましておめでとうございます。

昨年は、体調はよかったといえ、いろいろな面でガタがきています。医者からの指摘が、以前は血圧だけだったのが、昨年は尿酸値、ピロリ菌が追加されてしまった次第です。
それから、65歳ということで肺炎球菌ワクチン接種をうけたのですが、この細菌が日本人の死亡原因第3位の肺炎を起こすことを知ったのも昨年のことでした。(皆様は既にご存知のこととは思いますが・・・。)
数年前までは、薬や病院とは縁のない生活をしてきたことを考えると様変わりです。
今年はなんとか改善すべく、努力したいと思っていますが、どうなることやら。

いずれにしても、皆様にとって、今年もよりよい年となることをお祈り申し上げます。


孫との時間 in シンガポール


比地原 正明(17期)
新年明けましておめでとうございます。

昨年は新しく地元のテニスのサークル、スキーのサークルに入会し、従来の山のサークル、テニスのサークルに加えて沢山の仲間ができました。今年は新しい仲間も含めて、さらに活動の輪を広げてゆきたいと思います。

今は仕事も遊びも山歩きが中心です。昨年は山の仲間と北アルプスの読売新道、台湾の最高峰の玉山、越後の荒沢岳などを歩いてきました。一人で歩いた九州の山々、イタリアのドロミテなど、どの山も素晴らしく印象的でとても満足できる1年でした。今年もさらにチャレンジしてゆきたいと思っています。

今年の2月に高齢者の仲間入りをする予定です。まだ前期なので、70歳までの5年間に歩きたい山を全て歩きつくす計画です。そのためには健康と活力。まだまだ頑張ります。


台湾の最高峰玉山(3954m)の山頂にて


玉山で出会ったフィリピンのグループと


谷 正行(17期)
あけましておめでとう御座います。

昨年はMBIでゴルフ交流会グリーン会合を9月に26期の皆さまを交えて開催しました。参加人数は10名でしたが今後は更に工夫してみたいと思っております。

今年はビジネスそしてプライベートも羊の如くしっかり世界を俯瞰し、効率よく落ち着いたいい年にしたいと考えています。お蔭様で私が設立した会社ハイパーマーケティングは設立後18年目に入りました。設立当初から環境に優しい事業を目指し、事業ドメインはプリンタ・トナーカートリッジの静脈物流リサイクルビジネスを選択しました。07年から地域の拡大に入り、アジアを視点に入れた事業構造変革に取り組んでおります。08年は米国ソフトベンダーと、09年と今年は中国メーカと連携が出来あがりました。14年には念願のB TO C ビジネスへの参入も果たしました。中国、アメリカ、インド、ASEAN、そして日本と地域を越えた環境ビジネスモデル提案と日本ブランド、技術の輸出に貢献していきたいと考えております。
そしてグリーン会合も継続して参ります。是非ご参加戴けると賑やかに更に会合が充実します。
何事も思いが強ければ成せると私は考えます。

「元気に愉しく生きがいを持って」がモットーですが、ゴルフ交流も元気に愉しくです。
ゴルフプレーも皆さまとご一緒出来る事を楽しみにしております。


土田 晃道(18期)
MBIの皆様

昨年も色々な行事等で大変お世話になり有難うございました。
お陰さまで元気で良い年を迎えることが出来ました。
皆様にとって本年も明るい年になるよう、祈念させて頂きます。
今回は年内に山から戻り、久々に家にいます。
飯豊山と燕山の日の出の写真を送ります。


飯豊山の日の出


燕山の日の出


小野寺 薫(22期)
新年おめでとうございます。
我が人生もいよいよ最終楽章、踊ることは止めて黄昏の中を女房と二人で穏やかに歩んでいきたいと思っています。

皆様のご健康と安寧を心よりお祈り申し上げます。


アフタハイ(イースター島)


アフタハイの夕日


ウユニ塩湖


ナンガ・パルバット(パキスタン)


アプリコットとラカポシ山(パキスタン)


ウユニ塩湖(ボルビア)


レンソイス砂丘
(ブラジル、機内から)



オーロラ
(ミーヴァント湖、アイスランド)



シンクヴェトリル(アイスランド)



Papenoo Valley(タヒチ島)


ボラボラ島の夜景


★平松信実(23期)
新年になると毎年意気込んで立派な目標を掲げ、思うように達成できず少し苦い思いで年末を締め括ります。
そういう年が続いているので、今年は力まずゆっくりスタートを切り、できたことを喜び、できなかったことは悔やまないことにしようと思います。

写真は昨年スペインを旅した時のものです。鉄道の車窓から流れる景色を眺め、オープンエア の店で喉を潤しながら、明るい陽射しの中を行き交う人々を飽かずに見て過ごしました。
今年も旅情に誘われるまま、あちこち旅をしたい。

お互いに良い年にしたいものですね。


スペインにて



★堺 昭治(23期)
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年はNHK大河ドラマが郷里大分県中津市ゆかりの「黒田官兵衛」で毎日曜日夜は楽しませて頂きました。さらに、定年後郷里に夫婦で引揚げている大学の後輩(剣道部も)から、曽祖父が小生と同じで、かつその妻(曾祖母)が黒田24騎の三宅家義の子孫という情報が入り、一挙に1550年ころまでDNAが判明しました。
(写真はそれ以前になりますが、「在京中津人会」で上京した中津市役所員の扮する黒田官兵衛とクロカン君<マスコット・キャラクター>との記念撮影)


黒田官兵・クロカン君と

今年の抱負はと言われると、昨年後期高齢者となった身として大望はありませんが、せめて今まで同様、休みには水泳ができ、春・秋にはゴルフが出来るように! かつゴルフのスコアが少しでも良くなることと、社会で幅広く皆様と交流が続けられることを願いたいです。


★大東 敏治(24期)
明けましておめでとうございます。

昨年もいろんなことがありましたね。
10月に香港に行きました。
学生を中心とする民主化デモのバリケードで何ヵ所か道路が封鎖され、交通遮断でした。バスは迂回していましたが、トラムは寸断。しかし、学生、市民、それに旅行者も平静。驚いたのは「秩序回復」と掲げたプラカードを持って、街行く人に片っ端から署名を求めるボランティアの"ような"中高年の集団でした。
戦時中のことはわかりませんが、日本の「国防婦人会」のことが頭をよぎりました。また、警官が異様におおらかで、外国人に対して親切すぎるのも気になりました。政府は内輪モメ、あるいは世間・世界の関心の風化を待って警察を出動させるのだろうと思いました。
1ヵ月後、案の定そうなりました。

さて他国のことではなく、与党圧勝に浮かれていると・・・。
四半世紀前のバブルに浮かれ、半世紀前のオリンピック景気に浮かれ、三四半世紀前の大戦突入に浮かれていたことも「風化」してしまっています。
香港は対岸の火事ではなく、他山の石です。

昨年12月に「MBI Plaza」という情報交流サイトを立ち上げました。ITはあまりはまると本末転倒になりますが、上手く使えば重宝、使わなければ宝の持ち腐れです。
MBI Plazaで、本当の交流が促進されることを願っています。
(写真は冬至の皇居ジョギング。半蔵門から三宅坂。一緒に走りましょう!)




冬至の皇居ジョギング。半蔵門から三宅坂。一緒に走りましょう!


★松永 寿彦(25期)
マレーシアから、新年おめでとうございます。
昨年還暦を迎え、キナバル山(4,095m)登頂、ネパールでのトレッキング(2,000m程度)と、久々に「山登り」に挑戦しました。下の写真は、友人・家内とネパールのオーストラリアン・キャンプでのものです。


ネパールのオーストラリアン・キャンプにて、筆者右端


高橋 滋(28期)
28期の皆様、そしてMBI卒業生及び関係者の皆様、新年あけましておめでとうございます。

私にとって、昨年は色々と有った年でしたが、全てポジティブなパワーに変えて、今年が良い年でありますように前を向いて過ごしていきたいと思っています。昨年12月27日、MBIの新年ホームページ用の写真撮影にでかけました。今回は天候に恵まれ、富士山の写真を撮ることができました。
皆様にも、どうぞ良いお年となりますようにお祈り致します。


仁川 勲(28期)
喪中につき新年の挨拶はご遠慮させていただきます。
北海道の冬を写真でお届けします。


夜明けとともに桜色に染まる鶴居村、雪裡川の木々とタンチョウ


中島公園からの藻岩山とコンサートホール「キタラ」


凍てつく釧路湿原「冬のコッタロ」付近


吉野 幸夫(28期)
あけましておめでとうごさいます。
MBI関西、長らくハイキング中心で活動してきましたが、一昨年ごろから急に活発になってきました。最近は、多くの方から企画が出され、今年も、BBQ、ハイキング、ワイン会など多くのイベントがありそうです。
MBIに参加したおかげでこれだけ長く多くの方とお付き合いできるのは何物にも代えがたい財産と思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


菅野 妙子
新年おめでとうございます。

今年こそは何かいい趣味を持とうと思いながら、いつも何もしないまま1年が経ってしまいます。皆さんの新年の抱負を読んでいると、多くの人たちが実に面白そうな趣味を持っており、いいヒントになります。加島さんの「キームン紅茶を求めて中国へ」は大変興味深く、私も紅茶を究めようかな、と思った次第です。

今年は10月に「MBIファミリーデー」が開催されます。内容は伍香会長さんのメッセージにある通りです。きっと「宇宙」に興味を持つ人が増えると思います。今から10月3日(土)を予定に入れておいてください。

昨年12月に、大東さんが中心となり、「みんなの広場」の現代版「MBI Plaza」が立ち上げました。最終的には6月の幹事会総会で決定しますが、ぜひ皆さん、このサイトに登録し、交流仲間に加わってみてください。

昨年、紙ベースの『MBI CROSSROADS』の創刊号から46号までをpdf化し、MBIホームページ掲載しました。(http://www.mbimulti.net/archives.html) MBIの歴史が詰まっています。お時間のあるときに、アクセスしてみてください。

今年も楽しいMBI同窓会活動が継続できるよう、サポートいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

(以下の写真は、群馬県桐生市にある秋の宝徳寺の石庭と境内に置いてある創作人形たちです。)





秋の宝徳寺の石庭と境内

昨年暮れに開催された「第30回Foreign Affairs 研究会」の報告はこちらです。



MBI Others MBI Event Home